Cafe KYOKO - 乗馬日記

2011年からのKYOKOの乗馬日記です。
愛馬グレイト(ぐーちゃん)が教えてくれた馬乗りの幸せと、
新しいパートナー青空とのこれからの日々。


2000年〜2010年の乗馬日記はこちら

調馬索+騎乗

2179鞍目(騎乗馬:青空)

いやーついに馬房の水桶に氷が張る季節がやってまいりました。
馬によっては自分で割って水飲んだりするんだけど、そこまでやらない子も多くて、こんな丸い氷が取れたりするわけです。
IMG_1889

寒くてますます元気な青空くんですが、調馬索かけたら割と普通の駈歩をする。
ほんまかいな(ちょっとつまらん)と思いつつ、最後にもう一回駈歩させとくかーと合図を出したら、まー楽しそうにぶっ放した挙げ句、飛び跳ねて空中蹴りしてました。その跳ね方、仔馬の放牧地で見るやつ(笑)。君、もうすぐ22歳なんだけど。

FullSizeRender

別に張ってるわけじゃないんですが、なんか突然楽しくなっちゃうんでしょうね。そのまま乗って駈歩多めで15分ほどやって、繋ぎ場で鞍外したら汗かいてましたよ。この寒いのに。

2177鞍目(騎乗馬:青空)

12月にしてはめちゃくちゃあったかくて、虫も多くて難儀しました。なんかブヨっぽいやつに刺されたし。

牧場には大量の寝ワラが届いていて、社長がたくさん入れてやれというのでドサッと入れたら、青空くん大喜び。もともと粗めの敷料が好きなんだよね。
FullSizeRender

でも馬房掃除のときからそわそわしている感じだったので、調馬索かけたら絶対はしゃぐだろうなーと。
ところが左手前の駈歩はすこぶるおとなしく、すぐ走るのをやめてしまうくらい。でも青空だからなー、これで済むはずないやんって思いながら右駈歩出したら、やっぱりはしゃいでました。まーこれくらい動いてもらわないと、動けなかったらただのデブですからね。

一通り回してから騎乗したら、いい感じに前進気勢もありつつ動いてくれました。

2175鞍目(騎乗馬:青空)

ここのところ青空くんの元気がいいので、まずは覚悟して調馬索かけたんですが、左手前では至っておとなしく駈歩発進までやってくれました。
まあでも油断はならないよなーと思いつつ右手前に変えたら、案の定楽しそうに突っ走ってくれました(笑)。まあ大丈夫なんですけど、一瞬持っていかれていっしょに走っているので、翌日まで右の上腕が痛かったぞ。

一度調馬索でやらかせば気がすむみたいで、騎乗すると別に悪さはしないのが青空くん。
でも元気はあるので、前進気勢があって動かしやすかったかも。

FullSizeRender

2173鞍目(騎乗馬:青空)

天高く馬肥ゆる秋…いや、もう冬だけど。
調馬索かけてて、青空くん肥えたなーと思ってたら、駈歩ぼーん! ってはしゃいでました。元気なのはいいことです(笑)。
ま、繋ぎ場から馬場に連れて行く段階で、青空くんがやらかす気まんまんなのがわかったので、覚悟はできてましたが。
FullSizeRender
▲こういうときは、とりあえずいっしょに走ります。引きずられるよりはマシなので。
少し前に牧場の息子さんから、「冬に痩せると寒さでやられちゃうから、少し飼いを増やそうと思うんだけど、張っちゃいますかね?」と聞かれていて、まー少しくらい張ってもなんとかしますよ、って話をしてたんですよね。
その効果が出てきたってことだと思うので、じゃあしっかり運動しないとね!

2137鞍目(騎乗馬:青空)

土曜日に牧場行ったら、ヤギの赤ちゃんが生まれてました! ひーーかわいいーーー!! お母さんヤギもここで生まれた子なので、人間が見てても怒らない。
でもヤギの成長ってすごく早くて、来週にはたぶん、もうこんなにかわいくないよって……今週見られて良かった。
IMG_0526

青空くんの背中の傷もほとんど気にならなくなったので、この日は2鞍。ちょうど梅雨明け宣言が出た日でめちゃくちゃ暑かったので、1鞍目は40分だけ。
最近、調馬索の追い鞭を半減脚のように使えるんじゃないか? ということを試しています。茨城のチーフインストラクターが回しているのを見ていて思いついたんですが、青空くんは「追い鞭を落とす=停止」を覚えた馬なので、これも理解するんじゃないかと。

FullSizeRender

2135鞍目(騎乗馬:青空)


3連休なので、初日は青空くんと遊びに牧場へ。

梅雨とは思えないくらい馬場が乾燥してパッサパサで、土ぼこりがすごいので慌てて川の水を汲んできて撒きました。とくに調馬索で青空くんを歩かせるラインを想定して撒いたんですが、そこから少しでも外れるとほこりがすごいことになる…。
調馬索の輪を詰めていったら土ぼこりが立ち込めて、窒息しそうになりました。
FullSizeRender

先週、青空くんの背中にできていた小さい傷が悪化しないように1鞍しか乗らなかったんですが、この日も一応気をつけて軽速歩多めに。
で、鞍を外してみたら、先週よりはマシだったもののやっぱりかさぶたが少しはがれてしまったので、丸洗いして1鞍のみにしておきました。自分も暑さで少しヤバかったし。

夕方にもらったスイカがおいしかった! もちろん皮は馬へおすそ分け。

2134鞍目(騎乗馬:青空)


青空くんってあまり肢巻が傷まなくて、かれこれ10年以上同じものを使ってきたんですけど、さすがに面ファスナーがはがれやすくなってきた。
わたしはフリースタイプが嫌いで、スパンデックスタイプが気に入っているんですが、スパンデックスって昔はよく見かけたのに、今なかなか売ってないんですよね。ようやく美浦の馬具屋さん通販で見つけました。先週は馬場が湿っていたのでおろしたくなくて、今週ようやくおろしました。土ぼこりですぐ汚れましたけどね。

IMG_0430
▲おろしたての肢巻、汚す前に記念撮影。

最初はなんか馬がぼーっとしている感じでよくつまずいてたんですが、駈歩はそこそこいい感じでできた。
天気ももちそうだし、もう1鞍いこうかなーと思いながら手入れをしていたら、背中の後ろのほう、鞍の後橋に近いところに小さいけど深めの傷が…。
場所的に、どこかにひっかけたかセサミと遊んでいるうちに甘噛みが過ぎたか、という感じなんですが、かさぶたになりかけているのを気づかずに乗っちゃって、かさぶたが鞍下にくっついて剥がれたらしい。
青空くんは気にせず乗せてくれるかもしれないが、また乗って傷が広がる可能性も考え、2鞍目はやめておきました。
ま、雨も降ってきたことだしね(普段は、あの程度の雨なら普通に乗るけど!)。

2133鞍目(騎乗馬:青空)


梅雨のこととて土曜日は雨予報でしたが、牧場に着いてみたら馬場状態がいい。ここ数週間は水が抜けずに地面がドロドロで滑りやすかったのですが、今日は適度に乾いて適度に湿っている感じの、一番乗りやすい感じのやつ。
雨も小降りだし、午後は本降り予報だから、1鞍だけでも乗ってしまえ! と青空くん運動しました。


青空くんも普通にやる気で、駈歩もそこそこ頑張ってくれた。茨城の先生方にしごいてもらってるおかげか、駈歩の感覚が少し変わってきたような気もする。気のせいかもしれないけど。

結果的に午後もなかなか雨が降らず、もう1鞍乗れたかもなーと思ったけど、まあ1鞍だけのつもりで手入れもしちゃったから、これでおしまい。

なんかこの日はセサミのご機嫌が悪くて、青空くんは何度か八つ当たりされてました。でもあんまり気にしない青空くんすごい。
FullSizeRender

2131鞍目(騎乗馬:青空)

この日はかなり蒸し暑く、馬場状態は先週よりはマシだったけど、雨の名残でそこそこ滑りやすい感じでした。
調馬索で速歩させてたら青空くんがずるって滑って「わあ危なかった!」って駈歩しようとしたんだけど、そこで駈歩するほうが危ないですから青空さん。

調馬索の駈歩は少なめにして、乗ってから速歩と駈歩。先週の茨城で習った感じで乗って、ちょっといいかな? と思っていたら、青空くんがイケイケになり始めた。
馬場の外から見てた人が、犬とボール遊びを始めたんで、そりゃ見ちゃうよね。吹っ飛んだりはしなかったけど、とりあえず鞭は捨てました。
FullSizeRender

2129鞍目(騎乗馬:青空)

この日は日の出乗馬倶楽部時代の友達に車を出してもらって、じっちゃん先生を牧場にお連れしました。じっちゃん先生91歳、この牧場が先代だったときに来たことがあるけど、今の社長になってからは初だそうです。

梅雨の合間の晴れ間はありがたかったけど、ちと暑すぎ…。じっちゃん先生が熱中症でも起こしたらどうしようかとハラハラしましたが、一日楽しんでいただけたようでよかった。帰りに寄ったレストランでは、ハンバーグセットをきっちり完食されてました。
何より、馬の話をいっぱいできたのが楽しかったみたい。デイサービスでそんな話できませんもんね。

そんなわけで、この日はあまり遅くなってもいけないので1鞍のみ。青空くんに調馬索かけてそのまま乗るところまではじっちゃん先生が馬場の外のベンチで見守ってくださってましたが、駈歩まで一通りやったあたりで、厩舎の日陰に退散してました(馬場の周りに日陰ないんですよ)。
でも「青空は元気でいいね」と言ってくださいました。元気に走ってたもんなー青ちゃん。

FullSizeRender
▲ロバが鳴き出したので、なんだなんだとそっちを見る青空くんとポニー
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
更新日時の表記について
このブログ記事の更新日時は、「記事を更新した日時」ではなく、「騎乗した日時」としておりますのでご了承ください。
KYOKOとぐーちゃんと青空について
<KYOKO>
子どものころ、遠縁の叔父が祭り行列で馬に乗っていたことから、馬に憧れるようになり、2000年から相方とともに乗馬を開始。2007年、フィールグレイト号にせがまれて半自馬にする。
全乗振騎乗者資格馬場2級。

<ぐーちゃん>
フィールグレイト号、1987年5月30日生、2012年9月16日没、栗毛。門別の個人牧場で生まれ、中央競馬(美浦所属)でデビュー。18戦(障害含む)1勝して引退後、乗馬となる。
競馬時代には2回転厩、乗馬になってからも倶楽部や馬術部を2回転属と、けっこう流浪している。

<青空>
競走馬名はアルファコメット。2002年4月25日生、青毛。三石(現・新ひだか町)の個人牧場で生まれ、地方競馬(浦和→川崎)で27戦3勝。乗馬となり、2013年7月29日に日の出乗馬倶楽部へ。2022年12月30日、乗馬牧場へ移動。
最新コメント