Cafe KYOKO - 乗馬日記

2011年からのKYOKOの乗馬日記です。
愛馬グレイト(ぐーちゃん)が教えてくれた馬乗りの幸せと、
新しいパートナー青空とのこれからの日々。


2000年〜2010年の乗馬日記はこちら

試合

試合:(騎乗馬:青空)

前日の雪にもめげず、今日の試合は無事開催されることになりましたが、開催時間が1時間遅れて10時になるらしい。
でも馬運車の到着時間は、当初の予定どおり7時から7時半の間とのことなので、6時半に日の出乗馬倶楽部に到着。
輸送の準備は前日にほとんどできているので、あとは青空くんに肢巻を巻くだけ…とのんびり構えていたら、本当に7時ぴったりに馬運車が到着して、大慌てで肢巻を巻く羽目に。お待たせしてすみませんでした。

青空くんは馬運車にはすいすい乗り込む子ですが、今日はさすがに足元が滑って慌てる一幕も。無事に開催地の八王子乗馬倶楽部まで運んでもらい、ひとまず外厩に入りました。
この時点で8時前。試合開始まで時間はたっぷりあるので、まずは馬場に出て青空くんの運動をしておくことにしました。
馬場にはまだ馬が少なかったので、まわりをあまり気にせずに運動できそう。

馬場に出たとき、青空くんのほかに2〜3頭が運動していましたが、青空くんときたら知らない馬を見るとはしゃいじゃって、わたし背中に乗せているにもかかわらず、何度かいなないてご挨拶。運動を始めてもなかなか集中しません。お前は緊張感とかないのか。
この時間はとにかく前に出して、動きを作ることを優先します。ハミ受けはあとからでいいや、と思っていたのですが、ここのところ続けて運動しているせいか、馬が自分からハミを追うまでの時間が短いな。

ちょうどほかの馬がいなくなり、馬場にわたしと青空くんしかいなくなったので、本馬場にも入らせてもらって練習。
完全に泥田んぼ状態だけど、いつもより前に出る感じがあります。やっぱり試合に来ると少しやる気出すね、お前は。
30分ほど動かして、馬が飽きないうちにいったん馬房に戻します。
馬装解除して、まだまだ時間に余裕があるのでたてがみを編んでいたら、友達のWさんが応援に来てくれました。

image
▲たてがみを編むのに寝張りのいらない、楽な馬。
続きを読む

【試合】楽しかった!(騎乗馬:青空)

試合当日の朝。
青空くんは当日輸送なので、6時過ぎに倶楽部へ。
肢巻を巻いて待機し、馬運車が来たので引いていこうとしたら、青空くんにしては珍しく入れこんでいる。ここは無理せず、相方に引いてもらうことにしました。
でも馬運車にはすんなり乗り、試合会場に着いてもすんなり歩きます。

まずは大会が始まる前に下乗り。
常歩で歩かせてみると、当たり前だけど昨日より乗りやすい。おとなり倶楽部の先生たちが「本馬場にも入って慣らしていいですよ」と言ってくれたので、入らせてもらいました。
周りみんなインストラクターばっかりで、選手が自分で下乗りしてるのなんてわたしだけだけど(笑)、これはわたしが自分で望んで、社長と相談して決めたことなので。
先生たちにも顔見知りが多いせいか、下乗りはなんだかなごやかで、お互いに声を掛け合いながら運動できています。
速歩にすると、やっぱりハミを突っ張るところはあるんだけど、昨日よりははるかに収まりやすい。駈歩もなかなか悪くない。

30分ほど乗って下乗り終了。
青空くんに乾草をあげて、食べている隙にたてがみを編みます。

DSC09679
続きを読む

【試合】I'm proud of my horse!(騎乗馬:青空)

本日は八王子乗馬倶楽部さんで新春ホースショー。わたしは青空くんとA2課目に出場することにしていますが、日の出乗馬倶楽部には馬運車がないので、八王子さんに迎えに来ていただきます。
そんな都合で、6時半に日の出に到着し、7時には馬運車が到着。青空くん、前日に「遠足だよ」と言い聞かせておいたせいか、すたすた乗ったよ(笑)。

image
▲馬運車待機中。

八王子さんに到着してすぐ、Cちゃん先生に調馬索をかけてもらいました。
その間に自分の準備をし、調馬索が終わったところですぐに自分で騎乗して馴致します。去年はそれもCちゃん先生にやってもらったのですが、青空くんがあまりにも平常通りだったし、今年は先通しもやってもらわないので、できるだけ自分でやることにしています。
が、わたしが騎乗するなりCちゃん先生が、「もし乗りにくいようだったらすぐ言って? 代わるから」と言います。あら、そんなに元気が良かったのかしら…。
続きを読む

【試合】青空くんとのデビュー戦 (騎乗馬:青空)

今日は八王子乗馬倶楽部にて、新春ホースショー。東京地区のローカル試合ですが、青空くんとのデビュー戦に選びました。
もう少し暖かい時期にすれば、と思われるかもしれませんが、青空くんは少しでも虫がいると集中しなくなるので、むしろ寒いほうが好都合かなと。

日の出乗馬倶楽部には馬運車がないので、八王子さんにお願いして迎えにきていただきます。あちらも分場と本場の馬の行き来があるので、勢い試合開始前の早朝輸送となり、7時には迎えに来るとのこと。
4時起きで日の出に向かい、6時半ごろに試合当日の朝6時半、日の出乗馬倶楽部に到着。
青空くんは朝からもりもり乾草を食べていたので、その間に肢巻としっぽ巻きを終わらせます。だって馬房のなかだと、ごはん食べてるとき以外はおかーさんを追いかけ回してじっとしていてくれないんだもん。

しばらくして迎えの馬運車が来て、青空くんを乗せます。青空くん、1年ぶりの馬運車なのに、スタスタ乗りましたよ。
ぐーちゃんのときは最初30分もごねたので、先方の輸送担当のN野先生にもご迷惑をかけたのですが、「今度の子は大物ですねー」と言われるくらい。それでも、N野先生もぐーちゃんのことをよく覚えてくれていて、「でも、あの子も少しずつは慣れていってましたよね!」と言ってくれる。いい人だ。続きを読む
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
更新日時の表記について
このブログ記事の更新日時は、「記事を更新した日時」ではなく、「騎乗した日時」としておりますのでご了承ください。
KYOKOとぐーちゃんと青空について
<KYOKO>
子どものころ、遠縁の叔父が祭り行列で馬に乗っていたことから、馬に憧れるようになり、2000年から相方とともに乗馬を開始。2007年、フィールグレイト号にせがまれて半自馬にする。
全乗振騎乗者資格馬場2級。

<ぐーちゃん>
フィールグレイト号、1987年5月30日生、2012年9月16日没、栗毛。門別の個人牧場で生まれ、中央競馬(美浦所属)でデビュー。18戦(障害含む)1勝して引退後、乗馬となる。
競馬時代には2回転厩、乗馬になってからも倶楽部や馬術部を2回転属と、けっこう流浪している。

<青空>
競走馬名はアルファコメット。2002年4月25日生、青毛。三石(現・新ひだか町)の個人牧場で生まれ、地方競馬(浦和→川崎)で27戦3勝。乗馬となり、2013年7月29日に日の出乗馬倶楽部へ。
最新コメント