先週は一応日の出乗馬倶楽部に行ったものの、台風による大雨のため乗れず、手入れのみで帰りました。
が、今週もまた台風が来ていて、悪天候が予想されています。10月も終わりだというのに、2週連続台風って何なのよ。
朝10時ごろに日の出に到着すると、雨がぽつっと落ちてきました。
でも青空くんには悪いけど、これくらいの雨なら乗っちゃおう。夕方はもっと雨が強くなるみたいだし(だって台風が接近中なんだから!)。

そんなわけで、12時から雨の降る中で騎乗。途中で少し強くなったときもありましたが、ほとんど降っていないときのほうが多くて、無理して乗って正解。青空くんはほとんどやる気なかったけど(笑)。

1時間かけて乗って、正直言っていい動きではなかったんだけどこんなところかな、というところで終了。
すると社長が、「ちょっとH先生に乗ってもらってみる?」と言います。H先生は先週転職してきたばかりで、まだ青空には乗ってもらっていないので、お願いすることにしました。
青空くんに乗ったH先生、さくさくと動かしているように見えたんですが、しばらくして「折り返し(手綱)あります?」と言ってきました(わたしが乗る前に、少し折り返しの話をしてたからでもあると思う)。
青空くんに乗り始めた当時に買った折り返し、もう4年くらい使っていないのでホコリをかぶっていたんですが、あわてて取ってきて装着。

で、H先生が乗ってくれたあと、やっぱり自分でも乗っておいたほうがいいよね、と思って騎乗。ついでに少し、H先生の指導を受けました。

image


この馬駈歩で背中張っちゃうよね、ということで、とりあえず駈歩をしてみます。
折り返し手綱を久しぶりに使いましたが、あまり持たなくても馬の頭が下がるので、座りも手もずいぶん楽。
というか、最近引っ張りっこになっちゃってたんだよなあ。

常歩で、背中を動かす歩き方をさせようね、ということで、
「馬がハミ取ったら、それ下の方にスコーンと外しちゃって」と先生。
「えーそれすごく勇気いるんですけど!」
「何言ってんの、いらないって!(笑)」
「いやいやいやいや!(笑)」
青空くんはどうしても頭を上げたい馬だし、ハミを外したら青空くんが頭を上げるのではないかという気持ちがどうしてもあって、なかなか素直に離せないんですよね。
でもこれやっていけば、引っ張りっこにならずに済むかな?

ここのところ、青空くんの背中を張らせていたのは確か。
背中をちゃんと動かしていく、という方向でH先生にアドバイスしてもらえたので、しばらく試してみよう。