Cafe KYOKO - 乗馬日記

2011年からのKYOKOの乗馬日記です。
愛馬グレイト(ぐーちゃん)が教えてくれた馬乗りの幸せと、
新しいパートナー青空とのこれからの日々。


2000年〜2010年の乗馬日記はこちら

1646鞍目:(騎乗馬:青空)

新しく競馬上がりの馬が入っていて、今日はわたしが乗る隣の馬場で引き馬をするということ。

なので、さすがに近づかないようにしていたんですが、青空くんが近づきたがるんです…。
フレンドリーが過ぎる青ちゃん、「知らない子がいるよー! 遊んでもいい?」と行こうとし、わたしにダメと言われて「ちぇー」と歩くんだけど、また近づくと「ねえ、やっぱり挨拶だけでもするべきだと思うんだ」と行こうとする…。
なんなんだこの子は。

1645鞍目:(騎乗馬:青空)

本日2鞍目。昨日から通算して4鞍目で、青空くんがよく動いてくれるので最後に経路練習することにしました。

と思ったら、駈歩パートで急に入れ込み始める青ちゃん。
ちょっと落ち着いてね、とお願いしたら速歩に落ちたので、まあ大丈夫かと駈歩に戻したら、やっぱりまだ落ち着かない。
右手前半巻きからの反対駈歩に失敗したあたりからさらにおかしくなり、左手前の半巻きに入ったところでボーン! と暴発しました。
うーん、このまま走らせてしまうべきか、無理くり経路に戻すべきか、と一瞬だけ迷い、経路に戻すほうを選択。速歩に落とせたので蹄跡に入り、C点で駈歩発進すると、隅角を過ぎたところでまた暴発。ダメだこりゃ。
経路を捨てて駈歩のまま巻き乗りに持ち込み、正常な駈歩ができるまで待ちます。
もう大丈夫かな、と思って巻き乗りを開くと、またダッシュかまそうとする。わりとしつこいな、今日は。

仕方ないので速歩でそーっと乗って、なんとかまとめて終わり。

1644鞍目:(騎乗馬:青空)

いつもは馬場を大きく使って乗りますが、この日はほかの人もいたので馬場半分で乗りました。
さすがに2日連続で乗ると調子いい。

IMG_8029

1643鞍目:(騎乗馬:青空)

2鞍目は17時から。日没が一番早い時期から比べると少しは明るいけど、今日の天気予報は夕方から雪になっています。
降らないことを祈りつつ青空くんを連れて馬場に出ましたが、N子先生が「パラッと来たかも」と言っています。まーでも馬場に出ちゃったんだから、乗れるところまで、という感じで乗りました。

1642鞍目:(騎乗馬:青空)

お正月に傷めた肩は少しは治ったのですが、安全のためにテーピングとサポーターで固めて日の出乗馬倶楽部へ(安全のために乗らない、という選択肢はない…)。
しかしこの日はかなり気温が低く、夕方から雪という予報。倶楽部に到着するまでに冷えたのか、また痛みが出てきたので、服の上からカイロを貼って乗ることにしました。

いつも常歩で20分くらい使って、馬がハミを受けやすい動きを出していくのですが、その時点ではやっぱり痛いなあと思いながらやってました。
が、速歩から駈歩を入れる頃になると、なんか気にならなくなってるんですよね。アドレナリン恐るべし。

そして運動が終わったとたんに「やっぱ痛い」になる…(笑)。
でももう1鞍乗るぞー。

FullSizeRender
▲運動後。


1641鞍目:(騎乗馬:青空)

2019年お正月、ばんえいイベントの手伝いで肩を傷めてしまいました。
最初は湿布で、数日後からは寒いと痛むことに気がついたので患部を温めて、だいぶ軽減したと思ったので初乗りへ。

IMG_7975
▲明け17歳になりましたが、相変わらずガキっぽい青空くん。

で、乗ってみたものの、やっぱりけっこう痛い。なので左側の壁が全く作れず、右手前の輪乗りで逃げられまくり。
一応駈歩までやってみたけど、今日は1鞍だけでやめておくことにしました。来週は連休だし、きっちり乗れるように早く治そう。

1640鞍目:(騎乗馬:青空)

乗り納め。
天気が良く、風もあまりなくて暖かいうちに乗れました。

が、繋ぎ場につないでいるときに青空くんが頭をガンと上げてしまい、その拍子に革無口がぶっちぎれました。
昨日の装蹄中にもやらかしているので、それで無口が弱っていたのかもしれません。まあ切れてくれたから、逆に大事故にならなくて済むわけですけど。
年が明けたら修理に出すか…。

IMG_7885
▲革無口をぶっちぎってくれたので、丸洗い用のナイロン無口。修理が終わるまでこれですなあ。

1639鞍目:(騎乗馬:青空)

装蹄後の青空くん、調子が良さそうで、なんなら1鞍目よりも元気に動けています。

最後の最後、速歩で中央線に入って終わろうとしたのですが、蹄跡から中央線に入る瞬間に青空くんが前肢を少し滑らせました(これはわたしが悪いが)。
すると、そこから1歩だけ速歩が入ったあとに、バビュッと駈歩に。いやちょっと待て、あんた今、速歩で行けるところでわざわざ駈歩出したよね? はしゃいでるだけだよね?

わたしが大声で青ちゃんを叱っていたので、帰ろうとしていた装蹄師が、びっくりして様子見に来ていたらしいです。心配かけてすみません…。

1638鞍目:(騎乗馬:青空)

今日は青空くんの装蹄日。
青空くんの順番は午後とのことなので、午前中は装蹄前の状態で、夕方には装蹄後の状態で乗れることになります。

まずはお昼休みに1鞍乗って、そのまま装蹄。午後にどう変わるか楽しみです。

IMG_7867
▲青空くんの蹄鉄が焼けました。

試合:(騎乗馬:青空)

前日の雪にもめげず、今日の試合は無事開催されることになりましたが、開催時間が1時間遅れて10時になるらしい。
でも馬運車の到着時間は、当初の予定どおり7時から7時半の間とのことなので、6時半に日の出乗馬倶楽部に到着。
輸送の準備は前日にほとんどできているので、あとは青空くんに肢巻を巻くだけ…とのんびり構えていたら、本当に7時ぴったりに馬運車が到着して、大慌てで肢巻を巻く羽目に。お待たせしてすみませんでした。

青空くんは馬運車にはすいすい乗り込む子ですが、今日はさすがに足元が滑って慌てる一幕も。無事に開催地の八王子乗馬倶楽部まで運んでもらい、ひとまず外厩に入りました。
この時点で8時前。試合開始まで時間はたっぷりあるので、まずは馬場に出て青空くんの運動をしておくことにしました。
馬場にはまだ馬が少なかったので、まわりをあまり気にせずに運動できそう。

馬場に出たとき、青空くんのほかに2〜3頭が運動していましたが、青空くんときたら知らない馬を見るとはしゃいじゃって、わたし背中に乗せているにもかかわらず、何度かいなないてご挨拶。運動を始めてもなかなか集中しません。お前は緊張感とかないのか。
この時間はとにかく前に出して、動きを作ることを優先します。ハミ受けはあとからでいいや、と思っていたのですが、ここのところ続けて運動しているせいか、馬が自分からハミを追うまでの時間が短いな。

ちょうどほかの馬がいなくなり、馬場にわたしと青空くんしかいなくなったので、本馬場にも入らせてもらって練習。
完全に泥田んぼ状態だけど、いつもより前に出る感じがあります。やっぱり試合に来ると少しやる気出すね、お前は。
30分ほど動かして、馬が飽きないうちにいったん馬房に戻します。
馬装解除して、まだまだ時間に余裕があるのでたてがみを編んでいたら、友達のWさんが応援に来てくれました。

image
▲たてがみを編むのに寝張りのいらない、楽な馬。
続きを読む
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
更新日時の表記について
このブログ記事の更新日時は、「記事を更新した日時」ではなく、「騎乗した日時」としておりますのでご了承ください。
KYOKOとぐーちゃんと青空について
<KYOKO>
子どものころ、遠縁の叔父が祭り行列で馬に乗っていたことから、馬に憧れるようになり、2000年から相方とともに乗馬を開始。2007年、フィールグレイト号にせがまれて半自馬にする。
全乗振騎乗者資格馬場2級。

<ぐーちゃん>
フィールグレイト号、1987年5月30日生、2012年9月16日没、栗毛。門別の個人牧場で生まれ、中央競馬(美浦所属)でデビュー。18戦(障害含む)1勝して引退後、乗馬となる。
競馬時代には2回転厩、乗馬になってからも倶楽部や馬術部を2回転属と、けっこう流浪している。

<青空>
競走馬名はアルファコメット。2002年4月25日生、青毛。三石(現・新ひだか町)の個人牧場で生まれ、地方競馬(浦和→川崎)で27戦3勝。乗馬となり、2013年7月29日に日の出乗馬倶楽部へ。
最新コメント