Cafe KYOKO - 乗馬日記

2011年からのKYOKOの乗馬日記です。
愛馬グレイト(ぐーちゃん)が教えてくれた馬乗りの幸せと、
新しいパートナー青空とのこれからの日々。


2000年〜2010年の乗馬日記はこちら

試合:(騎乗馬:青空)

前日の雪にもめげず、今日の試合は無事開催されることになりましたが、開催時間が1時間遅れて10時になるらしい。
でも馬運車の到着時間は、当初の予定どおり7時から7時半の間とのことなので、6時半に日の出乗馬倶楽部に到着。
輸送の準備は前日にほとんどできているので、あとは青空くんに肢巻を巻くだけ…とのんびり構えていたら、本当に7時ぴったりに馬運車が到着して、大慌てで肢巻を巻く羽目に。お待たせしてすみませんでした。

青空くんは馬運車にはすいすい乗り込む子ですが、今日はさすがに足元が滑って慌てる一幕も。無事に開催地の八王子乗馬倶楽部まで運んでもらい、ひとまず外厩に入りました。
この時点で8時前。試合開始まで時間はたっぷりあるので、まずは馬場に出て青空くんの運動をしておくことにしました。
馬場にはまだ馬が少なかったので、まわりをあまり気にせずに運動できそう。

馬場に出たとき、青空くんのほかに2〜3頭が運動していましたが、青空くんときたら知らない馬を見るとはしゃいじゃって、わたし背中に乗せているにもかかわらず、何度かいなないてご挨拶。運動を始めてもなかなか集中しません。お前は緊張感とかないのか。
この時間はとにかく前に出して、動きを作ることを優先します。ハミ受けはあとからでいいや、と思っていたのですが、ここのところ続けて運動しているせいか、馬が自分からハミを追うまでの時間が短いな。

ちょうどほかの馬がいなくなり、馬場にわたしと青空くんしかいなくなったので、本馬場にも入らせてもらって練習。
完全に泥田んぼ状態だけど、いつもより前に出る感じがあります。やっぱり試合に来ると少しやる気出すね、お前は。
30分ほど動かして、馬が飽きないうちにいったん馬房に戻します。
馬装解除して、まだまだ時間に余裕があるのでたてがみを編んでいたら、友達のWさんが応援に来てくれました。

image
▲たてがみを編むのに寝張りのいらない、楽な馬。
続きを読む

1520鞍目:(騎乗馬:青空)

土曜日が試合なので、前日の金曜日はお休みをいただいて、馬運の準備と運動のため日の出乗馬倶楽部へ。
…のはずが、早朝から多摩地区には大雪警報が…。
同じくお休みを取った相方の運転で倶楽部に向かいますが、倶楽部に近づくにつれて積雪が多くなってくるし、少量ですが降ってもいる。しかもレンタカー、ノーマルタイヤだし…。
社長と連絡を取り合って状況確認しつつ、どうにか倶楽部にたどりついたら、そこは雪国でした。
image

でも、社長が試合会場である八王子乗馬倶楽部に問い合わせたところ、明日は予定通り試合を開催する方向だと言います。八王子もかなりの雪だろうとは思うんだが。
開催するというなら仕方ない、まずは馬運車まで馬を歩かせる道を作らなくては。
ということで、先生たちと相方とわたしで雪かきをしまくり、お昼までに通り道が開通。

image

ここまでやると、ちょっと欲が出て来ます。
相方と、「午後はこのへんまで雪かきすれば、夕方には少し馬の運動ができるかも?」と話していたら、なんと会員のMさんが車でやってきました。
もともと騎乗予約していたわけでもなんでもないのに、「雪かき大変だろうから」と来てくれたのだそうです。ありがたい…!
続きを読む

1519鞍目:(騎乗馬:青空)

試合が近いので、平日ですが午後半休をいただいて日の出乗馬倶楽部へ。
お昼も食べずに電車に飛び乗ったので、日の出に到着した15時にまずはカップラーメンをかきこみます。
16時から馬場が空いているということで、その時間に向けて準備。ほんの3日前には半分も使えなかった馬場は、みんなの雪かきと社長のハローがけのおかげで、経路練習に使える広さだけ雪がなくなっています。ありがたいありがたい。

で、16時から乗ったのですが、青空くん少し重め。でも週末の試合に向けて、ある程度動かせただけでも良しとしよう。

image

1518鞍目:(騎乗馬:青空)

せっかく先週の日曜は馬場状態が良かったのに、月曜の夜に大雪。日の出乗馬倶楽部は山に近いので、雪の量は都心の倍くらいになるのが通例です(さすがに17年も通っているとそれくらいわかる…)。
それでも金曜の夜には、社長から「なんとか馬場整備をするので少しでも青空を運動させよう」と連絡が来たので、土曜の朝は雪かき装備と防寒装備をばっちりして日の出へ。
平日の会員さんたちも雪かきしてくれたそうで、馬場の雪は3分の1くらいはなくなっています。みんなすごいなあ。
我々もさっそく雪かきに加わり、午前中はひたすら雪をすくって運びました(相方はひたすら氷を割っていた)。続きを読む

1488鞍目:(騎乗馬:青空)

3連休の初日、先週までとは打って変わっていい天気。
日の出乗馬倶楽部に到着すると、カンカンという金属音とこげた匂いがします。あ、今日装蹄日だった。
しかも繋ぎ馬にいるのは青空くんだったので、飛んでいって見学させてもらいました。

image
▲蹄鉄の焼き付け中。続きを読む

1487鞍目:久しぶりの折り返し手綱(騎乗馬:青空)

先週は一応日の出乗馬倶楽部に行ったものの、台風による大雨のため乗れず、手入れのみで帰りました。
が、今週もまた台風が来ていて、悪天候が予想されています。10月も終わりだというのに、2週連続台風って何なのよ。
朝10時ごろに日の出に到着すると、雨がぽつっと落ちてきました。
でも青空くんには悪いけど、これくらいの雨なら乗っちゃおう。夕方はもっと雨が強くなるみたいだし(だって台風が接近中なんだから!)。

そんなわけで、12時から雨の降る中で騎乗。途中で少し強くなったときもありましたが、ほとんど降っていないときのほうが多くて、無理して乗って正解。青空くんはほとんどやる気なかったけど(笑)。

1時間かけて乗って、正直言っていい動きではなかったんだけどこんなところかな、というところで終了。
すると社長が、「ちょっとH先生に乗ってもらってみる?」と言います。H先生は先週転職してきたばかりで、まだ青空には乗ってもらっていないので、お願いすることにしました。続きを読む

外乗:ホースガーデンMURANAKA(騎乗馬:鈴姫)

3泊4日の北海道旅行も最終日。
旅の最後の予定は、ホースガーデンMURANAKAさんでの外乗です。
こちらはもう15年近く通っていて、ずっと同じ鈴姫ちゃんに乗せてもらっています(たぶん1回くらい雪柳ちゃんだったことがあるかも)。

鈴姫ちゃんにまたがって、いつもの川沿いコースを村中さんとしゃべりながら進みます。
昨年は雨で乗れなかったけど、今年は天気に恵まれ、川もおだやか。
浅瀬に入って馬に水を飲ませ、じゃあ行こうか、と鈴姫を促すと、「やだーー」と水面を前肢で叩き始めるのも毎年の恒例行事です。

image


image
▲鈴姫の背中から撮った雪柳。続きを読む

【外乗】ノースポールステイブル(騎乗馬:ギネス)

恒例の9月に入ってからの夏休みで、北海道にやってきました。
帯広空港からまず向かったのは、幕別町忠類にあるノースポールステイブルさん。昨年もお邪魔しましたが、ご夫婦でやっている牧場で、馬が敷地内を適当にうろうろしているのがおもしろいんです。

まずは着替えさせてもらい、その間にご主人が馬を連れてきて馬装を始めました。
わたしが乗るのは、栗毛のギネスくん。サラブレッドです。

またがってからふと見ると、ギネスくんの蹄がどう見ても削りたて。
ここのご主人は装蹄師でもあるので、聞いてみると「あ、さっきやったばっかりです」とのことで、指差した地面を見ると蹄の削りカスが落ちていました。
奥さんによると、このカスを狙って、飼っているニワトリが寄ってくるんですって。

DSC00134

続きを読む

1429鞍目:(騎乗馬:青空)

昼間良かったので夕方も、と思ったらイマイチうまくいきませんでした。
まあこんな日もあるわなあ。

1428鞍目:(騎乗馬:青空)

12時から青空くんに騎乗。

駈歩がかなりいい感じだったので、少しシンプルチェンジの練習。
…をしたら、少し入れ込んでしまったみたいで、久しぶりに駈歩発進を抑えるのに苦労しました。
そういえば、試合のときもこんなんだったな(笑)。

image
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
更新日時の表記について
このブログ記事の更新日時は、「記事を更新した日時」ではなく、「騎乗した日時」としておりますのでご了承ください。
KYOKOとぐーちゃんと青空について
<KYOKO>
子どものころ、遠縁の叔父が祭り行列で馬に乗っていたことから、馬に憧れるようになり、2000年から相方とともに乗馬を開始。2007年、フィールグレイト号にせがまれて半自馬にする。
全乗振騎乗者資格馬場2級。

<ぐーちゃん>
フィールグレイト号、1987年5月30日生、2012年9月16日没、栗毛。門別の個人牧場で生まれ、中央競馬(美浦所属)でデビュー。18戦(障害含む)1勝して引退後、乗馬となる。
競馬時代には2回転厩、乗馬になってからも倶楽部や馬術部を2回転属と、けっこう流浪している。

<青空>
競走馬名はアルファコメット。2002年4月25日生、青毛。三石(現・新ひだか町)の個人牧場で生まれ、地方競馬(浦和→川崎)で27戦3勝。乗馬となり、2013年7月29日に日の出乗馬倶楽部へ。
最新コメント